Homeわが家の専門家診断

このページは、静岡県TOUKAI-0【わが家の専門家診断事業】を紹介するページです。
寺西建築設計(寺西 博)も静岡県耐震診断補強相談士として参加しています。

専門家による無料耐震診断【わが家の専門家診断事業】について

【わが家の専門家診断】(無料)の耐震診断

shitaya03.png(2554 byte)各市町に申し込みをすると専門家無料耐震診断を受けられます。
start.png(1500 byte)
shitaya03.png(2554 byte)各市町が判定士を派遣して専門家無料耐震診断を行います。
wagaya.png(4709 byte)
shitaya03.png(2554 byte)診断評点が1.0以上だと「安全」、1.0以下だと「倒壊の恐れあり」と判定されます。
end.png(1399 byte)

専門家による無料耐震診断【わが家の専門家診断事業】について

本人の費用負担なし(無料)で診断をします。
各市町が専門家(静岡県耐震診断補強相談士)を派遣し、耐震診断を行います。
診断後に、住宅の耐震性がどの程度あるかを説明を報告に行きます。

対象住宅

 静岡県内の昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅。
 ※戸建のほか、長屋、共同建ても対象です。
 ※併用住宅は半分以上が、住宅として使われているものに限ります。
 ※昭和56年6月1日以降に増改築した場合、古い部分が残っていれば対象となります。

申請者

 対象住宅にお住まいの方。
 ※借家等場合は大家さん

費用

 申請者の方の費用負担はありません(無料)。

申し込み・問い合わせ先

お住まいの市町、又は静岡県建築安全推進課

専門家による無料耐震診断【わが家の専門家診断事業】Q and A

 1.診断を行う専門家とは?
 1.静岡県耐震診断補強相談士を各市町が派遣します。
   担当相談士はその市町の相談士リストの中から割り当てられます。

 2.診断は具体的は、どのように行われるのですか?
 2.最初に耐震診断相談士が、申し込まれた方の住宅を現地調査します。
   そして、その資料を基に「木造建物耐震診断_一般診断」ソフトによって診断を行います。
   その後、診断結果を報告書にして、説明を行います。

 3.現場調査の時間と実施日について?
 3.現場調査は通常30分から1時間程度です。また実施日は申込者の希望で決められます。

 4.建物の図面等が必要ですか?
 4.建物の図面や建築確認通知書が有れば見せて頂きますが、無くとも大丈夫です。

 5.何故昭和56年5月31日以前に建築された木造住宅が対象なのですか?
 5.昭和56年(1981年)6月1日に建築基準法が改正されて「新耐震設計基準」となりました。
   旧基準で建築された木造住宅は,新基準で建築された住宅に比べ、倒壊等の被害が高い割合で発生することが想定されるためです。

SIDE MENU


お問い合わせ

このページのトップへ